文字 

3月2日にもの忘れフォーラム

 川崎医科大学附属病院認知症疾患医療センターなどは3月2日、くらしき健康福祉プラザ(倉敷市笹沖)で開く「もの忘れフォーラム」の受講者を募っている。

 「もう一度学ぼう、認知症」がテーマ。鳥取大学医学部の和田健二講師が「認知症を正しく知ろう!~早期発見と予防のポイント~」、川崎医科大学精神科学の石原武士教授が「こんな時どうする!?~治療と対応のポイント~」と題してそれぞれ話す。

 午後1時15分~同4時。定員250人。参加無料だが申し込みが必要。往復はがきの返信面の裏に参加人数(1通で2人まで)、氏名、代表者の住所、電話番号、表に自身の住所と氏名を記入。〒701―0192、倉敷市松島577、川崎医科大学附属病院認知症疾患医療センター「もの忘れフォーラム」係に申し込む。2月16日消印有効。

 応募多数の場合は抽選。詳しくは同センター(086―464―0661)かホームページ
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2019年01月21日 更新)

ページトップへ

ページトップへ