文字 

インフル患者213万人 過去最多の昨冬に迫る

 A型インフルエンザウイルスの電子顕微鏡写真(米疾病対策センター提供)

 厚生労働省は25日、14~20日の1週間に報告されたインフルエンザ患者が1医療機関当たり53・91人だったと発表した。過去最多となった昨冬ピークの54・33人に次ぐ多さ。医療機関を受診したのは全国で約213万人(推計)で、前週から50万人近く増えた。学級閉鎖や関連が疑われる死亡例の報告も相次ぎ、流行が加速する勢いだ。

 1機関当たり30人超となる「警報レベル」は青森、秋田、島根を除く44都道府県に及んだ。秋田県の特別養護老人ホームで死者が出るなど、各地の病院や施設で集団感染が発生。感染者が線路に落ちて電車にはねられる事故も起きた。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2019年01月25日 更新)

ページトップへ

ページトップへ