文字 

2月26日~3月3日に卒業制作展 倉敷市立美術館

 川崎医療福祉大学医療福祉デザイン学科の卒業制作展が2月26日、倉敷市立美術館(倉敷市中央)2階第3展示室で始まる。3月3日まで。

 病院実習などを通して学生が感じた課題解決策や提案をまとめたパネルや映像など計407点を展示。優秀賞に選ばれた「非常時の生活に備えた防災イベント~若者と高齢者をつなげる地域づくりの提案~」や「3Dで伝える正しい姿勢の大切さ~進化の陰にある現代病 長時間のスマホやPC作業に潜む危険を知る~」をはじめ、訪日外国人の受診サポートツールや小児科待合環境改善など多彩なテーマの作品が並ぶ。

 午前9時~午後5時。入場無料。問い合わせは同学科(086-462-1111、内線54356)。詳しくはホームページ
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2019年02月06日 更新)

ページトップへ

ページトップへ