文字 

世界最小の女児、発育順調 米、245グラムのリンゴ大

 昨年12月に245グラムで生まれた女児の4月の様子=米カリフォルニア州サンディエゴ(SHARP・HEALTHCARE提供、AP=共同)

 【オークランド(米西部)共同】米カリフォルニア州サンディエゴの病院で昨年12月、女児が大きめのリンゴ1個ほどの体重245グラムで生まれ、5月中旬に退院した。未熟児で生まれ順調に成長したケースとしては世界最小という。病院が31日までに発表した。

 病院などによると、通常の妊娠期間は約40週間だが、女児は23週間と3日で生まれた。母親が妊娠高血圧腎症の合併症を発症し、深刻な状況となったため緊急帝王切開で出産した。身長は約23センチだった。

 女児は「セイビー」の愛称で呼ばれ、生後5カ月間を新生児集中治療室で過ごし、体重が約2・2キロに増えたという。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2019年05月31日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ