文字 

「エボラ熱」で緊急事態宣言 WHO、コンゴから拡大

 コンゴ(旧ザイール)東部で埋葬されるエボラ出血熱による死者=14日、ベニ(AP=共同)

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は17日、コンゴ(旧ザイール)東部で流行が続くエボラ出血熱について、専門家による緊急委員会を開き、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当すると宣言した。国境地帯で感染者が出ており、隣国へ感染拡大の恐れがあるとした。

 WHOによる緊急事態宣言は2016年2月のジカ熱以来。エボラ熱では14年8月に西アフリカでの流行で宣言しており、今回が2回目となる。

 緊急委のステファン委員長は会合後の記者会見で「現時点では国際的な脅威にはなっていない」と指摘、渡航や貿易の制限措置は取らないとした。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2019年07月18日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ