文字 

温かい手・やさしいまなざしで患者様と共に

看護部長
岡田 久香

 温かい手・やさしいまなざしで患者様と共に歩む知的な看護を目指します。

 上記は、先輩諸姉から受け継いだ岡山医療センター看護部の理念です。この理念は岡山医療センターにおける看護職(助産師・看護師)の役割を示しています。

 「温かい手」は患者様の安全・安楽を保障する確かな技術と患者様の安心に繋がる人肌のぬくもりを表わしています。「やさしいまなざし」は専門的知識や豊かな経験に基づいた観察力・予見力・判断力を、「患者様と共に歩む」は看護職の広い心で患者様の心を支えることを意味しています。看護職は、それぞれを総合させながら岡山医療センターの看護を創造し発展させてきました。

 現在、当院には約700名の看護職が在籍しています。新人の時から理念を具現化するための研鑽(けんさん)を積んでいます。私たちは、これからも患者様と共に歩み続けられるよう、時代に即した教育体制やライフ・ワーク・バランスの充実を目指した勤務環境を整えていきたいと思います。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2019年08月16日 更新)

ページトップへ

ページトップへ