文字 

エボラ疑いの情報提供せず WHOがタンザニア非難

 【キンシャサ共同】世界保健機関(WHO)は21日、アフリカ東部タンザニアでエボラ出血熱の感染が疑われる事例があったにもかかわらず、同国政府がWHOに情報を提供していないと非難する声明を発表した。タンザニア政府は、エボラ熱の感染者は出ていないと主張している。

 WHOによると、最大都市ダルエスサラームでエボラ熱の疑いにより患者が死亡したとの非公式の情報が10日にもたらされた。11日には、この患者から陽性反応が出たとの情報も入ったという。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2019年09月23日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ