文字 

21日、医療者向け緩和ケア研修会 国立病院機構岡山医療センター

 緩和ケアを学ぶ医療者向けの研修会が21日午後6時半~8時、国立病院機構岡山医療センター(岡山市北区田益)の8階大研修室で開かれる。

 講師はNPO法人愛媛がんサポートおれんじの会(松山市)理事長の松本陽子さん。19歳の時に父をがんで亡くし、自身もNHK松山放送局で勤務していた33歳の時に子宮頸(けい)がんを発病して闘病を体験し、患者と家族の会を立ち上げた。「『わたしらしく』を支える医療への期待」をテーマに話す。

 院外からも医療関係者の参加を受け付ける。8日までに、名前と職種、連絡先をファクス(086―294―9549)で送信する。定員100人。問い合わせは岡山医療センター緩和ケア推進室(086―294―9911=代表)。詳しくはちらし
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2019年11月04日 更新)

ページトップへ

ページトップへ