文字 

回復者3割に後遺症の恐れと指摘 イタリア呼吸器学会、肺にリスク

 ミラノ市内をパトロールするイタリア軍警察の隊員=26日(AP=共同)

 【ローマ共同】イタリアの呼吸器学会は27日までに、新型コロナウイルス感染症から回復した人のうち3割に呼吸器疾患などの後遺症が生じる可能性があると指摘した。少なくとも6カ月は肺にリスクがある状態が続く懸念があるという。地元メディアが報じた。

 既に退院した感染者の症例調査と合わせ、同じコロナウイルスによる感染症であるSARSの回復者の後遺症に関するデータも踏まえ、分析した。未解明の部分が多く、さらなる詳細な調査が必要だとしている。

 学会によると、新型コロナ感染症により肺線維症を引き起こす恐れがあり、完治が難しい損傷を肺に受ける可能性もあるという。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2020年05月27日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ