文字 

厚労省、PCR施設を全国調査 能力のばらつき懸念

 処理を終えた検体を「リアルタイムPCR検査装置」にかける臨床検査技師の男性=5月、札幌市の北海道大病院

 新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査を高い精度で実施できているかどうか、厚生労働省が全国の地方衛生研究所や医療機関など実施施設の能力を調査する方針を決めたことが1日、分かった。施設間で判定する能力に差があり、放置しておくと、誤判定が増えて感染の広がりを正確に把握できなくなる恐れがあることが理由。

 国内で100人以上報告されている、いったん陰性になりながらも再び陽性となる「再陽性」についても能力のばらつきが影響している懸念があり、学会から改善を求める声が出ていた。

 国が主導する調査は今回が初となる。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2020年06月02日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ