文字 

ワクチン普及に330億円、政府 非政府組織に5年間の運営資金

 政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、発展途上国へのワクチン普及を目指す非政府組織「Gaviワクチンアライアンス」に2021年から5年間の運営資金として約3億ドル(約330億円)を拠出する方針を固めた。同組織への拠出額としては過去最大になる。政府は発展途上国でのワクチン接種普及に向けた貢献をアピールし、早期開発が期待される新型コロナのワクチン提供も後押ししたい考えだ。

 Gaviは各国から集めた資金でワクチンを購入し、発展途上国へ低額で提供。接種のための医療物資の購入も支援している。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2020年06月04日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ