文字 

ブラジル大統領がコロナ感染 脅威を軽視、マスクせず

 ブラジルのボルソナロ大統領(UPI=共同)

 【サンパウロ共同】ブラジルの右翼ボルソナロ大統領(65)は7日、首都ブラジリアで記者団に新型コロナウイルス検査の結果が陽性だったと明らかにした。一方で「熱は下がり、体調は完璧だ」と強調した。ボルソナロ氏は、新型コロナ感染症は「ただの風邪」だとして脅威を軽視し、しばしばマスクをせずに公の場に姿を見せることなどで知られている。

 ボルソナロ氏は7日はマスクを着用し「ウイルスの心配はしなければならないが、失業問題もそこにある。経済は回していかなければならない」と持論を繰り返した。当面は公邸でテレビ会議や書類の決裁などの公務をこなすという。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2020年07月08日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ