文字 

新型コロナ 岡山県内で15人感染 岡山、倉敷、和気 累計444人に

岡山県庁

 岡山県と岡山、倉敷市は19日、計15人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は岡山市9人と倉敷市5人、和気町1人。県内の感染確認は再陽性を除いて444人となった。

 岡山市が発表したのは市内の20、40代の男女4人と年代性別非公表の5人。年代性別非公表のうち1人は肺炎症状があり中等症という。20代男性会社員はクラスター(感染者集団)が発生した市内の接待を伴う飲食店従業員女性の知人で、濃厚接触者として検査した。9人のうち2人は感染ルートが不明。

 倉敷市の発表は20~60代の男女4人と年代非公表の女性。いずれも既に感染が確認された患者の接触者や濃厚接触者として検査を受けた。5人とも現在は軽症という。

 県は和気町の20代男子学生の感染を発表。17日に症状が現れ、検査で18日に陽性が判明した。濃厚接触者として同居家族2人を検査し、いずれも陰性を確認している。

     ◇

 岡山県教委は19日、県立高に在籍する岡山市在住の10代男子生徒1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。生徒の家庭から連絡を受けた学校は1時間目で授業を切り上げ、校内を消毒。安全が確認されるまで臨時休校にする。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2020年11月19日 更新)

タグ: 感染症

ページトップへ

ページトップへ