文字 

爪専門外来を開設 チクバ外科・胃腸科・肛門科病院

 チクバ外科・胃腸科・肛門科病院(倉敷市林)は9月1日、足や爪のトラブルの処置・治療を行う爪専門外来を開設した。

 生活習慣病の増加に伴い近年、足の病気も増加し、治療・予防を総括したフットケアに対する関心が高まっている。しかし「どの科を受診すればよいか分からない」との相談が多いことから、専門外来を設けた。

 診察時間は水曜午前と土曜午前。正しい足浴、爪切り、角質処置などの指導も行う。問い合わせは同病院(086-485-1755)。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2012年09月02日 更新)

ページトップへ

ページトップへ