文字 

「みんなのくらちゅう5」を院内で無料配布 倉敷中央病院

倉敷中央病院が作成した冊子「みんなのくらちゅう5」

「みんなのくらちゅう5」では、かかりつけ医について詳しく紹介している

 倉敷中央病院(倉敷市美和)は、地域医療連携の取り組みを紹介する冊子「みんなのくらちゅう5」(A4判、54ページ)を2万部作成、外来や病棟など院内で無料配布している。

 冊子はかかりつけ医を中心に構成。普段の全身状態をよく知っている総合医としてのかかりつけ医を持つことで、病気の早期発見や予防、日常生活のアドバイスをもらえるメリットを説明し、「急性期病院」「回復期・リハビリ病院」との役割の違いや連携の仕組みを解説している。このほか、在宅医療や17医療機関で実施している講演会「わが街健康プロジェクト」にも触れている。

 問い合わせは同病院(086-422-0210)。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2015年10月09日 更新)

タグ: 倉敷中央病院

ページトップへ

ページトップへ