文字 

健康増進目指す一次予防に力

センター長
高尾 俊弘
1988年岡山大大学院医学研究科博士課程修了。姫路第一病院内科部長、高知大医学部教授などを経て、2013年10月から現職。川崎医科大健康管理学教室教授。内科学や内分泌学、高血圧、ストレスマネージメントが専門。

 病気予防には、病気にならないようにする「-次予防」、病気の早期発見、治療をする「二次予防」、社会復帰のための機能障害防止とリハビリテーションをする「三次予防」があります。

 川崎医科大附属健康診断センターは「二次予防」として他の専門科の協力を得て、大学病院ならではの質の高い人間ドックや健康診断をめざしています。さらに、オプション検査として心臓病検診・肺がん検診・脳ドック・ストレス検診など多様な専門コースを用意しています。

 一方「健康日本21」に述べられているように最近では一次予防が最も重要と言われています。当センターでは疾病を予防するだけでなく、さらなる健康増進を目指す一次予防に力を入れ、保健師による保健指導と健康運動指導士による運動教室を実施しています。ぜひ-度当院の健診センターを受診され、保健指導や運動教室に参加してみてください。

 最後になりましたが、人間ドックや定期健康診断は、定期的に受けてこそ価値があります。有効にご利用ください。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2015年10月16日 更新)

ページトップへ

ページトップへ