文字 

一人一人に寄り添った温かい看護を

看護部長
川野 イツ子

 当院は胃・大腸肛門領域の疾患を中心とした消化器専門病院です。

 看護部は「安心した検査、治療が受けられる環境で一人一人に寄り添った温かい看護」を理念に日々取り組んでいます。

 炎症性腸疾患(クローン病・潰瘍性大腸炎)・肛門疾患・大腸ポリープなどの検査・治療の看護、術後の継続ケアのための知識・技術・情報共有を多職種で行なっています。

 患者様のクオリティ・オブ・ライフを「共に考える」病院となれるよう努めています。

 人工肛門造設の患者様には皮膚・排泄ケア認定看護師がストーマ外来を開設し、お一人お一人に必要なケア・情報の提供、ご相談をお受けしております。

 「人材は宝」といいます。職場風土の改善がハードからソフトヘ移行した現在、業務の間の一息空間を大切にしようと改築も終了。多職種との交流もあります。変化する臨床に次世代のスタッフの教育・実践と継承をし、信頼を得られる看護を目指したいと思います。

 
胃腸の違和感 お尻の異常 気づいたら早目の診察・検査を!
いつでもご相談ください
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2019年04月17日 更新)

ページトップへ

ページトップへ