文字 

安心・安全・あったかな看護を

看護部長
新 美保恵

 当院は平成28年12月に新築移転しました。川崎医科大学総合医療センターと名称を変更して再スタートしています。病院理念をもとに、「看護の対象者と私たち提供者が互いに了解できる看護の実践」を看護部の理念としています。

 ご入院の患者さんが、住み慣れた地域で療養及び日常生活ができるように、入院前から多職種チームで支援します。また患者さんの意思を大事にして治療・検査を決定する過程で支援をしていきます。

 当院の看護部はお互いに“学びあう看護教育”を推進しています。先輩看護職員・後輩看護職員または他部門の職員、あるいは患者さんに多くの学びをいただき、自分自身で考え看護の発信ができる自律した看護師を目指しています。

 自分自身の成長を確認しやりがい感をもって看護の仕事が継続できるように支援していきます。

 「安心・安全・あったかkawasaki nursing」
 安心できる説明、安全なスキル、あたたかい笑顔で看護を提供します
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2016年12月01日 更新)

ページトップへ

ページトップへ