文字 

みんなのくらちゅう6を無料配布

倉敷中央病院で無料配布している「みんなのくらちゅう6」

初めて制作した動画の一場面

 倉敷中央病院(倉敷市美和)は、地域医療連携の仕組みや同病院の取り組みを紹介した冊子「みんなのくらちゅう6」(A4判、52ページ)を2万部発刊した。院内で無料配布している。

 冊子は在宅医療、かかりつけ医、薬局、まちの病院の4つのパートから構成。最期の時間を家で過ごすために必要なかかりつけ医との連携、大切な時間をどうやって有意義に過ごすかなどを考えてもらう内容にした。在宅医療、適正受診、かかりつけ薬局をテーマにした動画3本を初めて制作し、QRコードを読み取ると閲覧できるようにしている。このほか、同病院を中心に展開している市民向けの医療講演会「わが街健康プロジェクト。」についても案内している。

 同病院は「かかりつけ医や地域連携パスなどについて関心を持ってもらうきっかけにしてほしい」としている。問い合わせは同病院地域医療連携室(086-422-5218)。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2016年10月19日 更新)

タグ: 倉敷中央病院

ページトップへ

ページトップへ