文字 

アニサキス食中毒が急増 生魚に寄生、激しい腹痛

 アニサキスによる食中毒の報告件数

 魚介類を生のまま食べ、寄生虫「アニサキス」による食中毒になったとの被害報告が増えていることが厚生労働省への取材で分かった。2007年の6件から、16年は20倍超の124件に増加。激しい腹痛などの症状が出るといい、厚労省は、加熱や冷凍を求め、生で食べる前には目視で確認するなどの対策を呼び掛けている。

 アニサキスは寄生虫の一種で、幼虫がサバやカツオ、サケ、イカ、サンマなどに寄生。魚介類が死ぬと内臓から筋肉に移動する。幼虫は長さ2~3センチ、幅0・5~1ミリくらいで、白い糸のように見えるのが特徴だ。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2017年05月12日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ