文字 

野鳥の鳥インフル過去最多 22都道府県、シーズン終息

 環境省は12日、昨秋から今春にかけて、全国の野鳥や家禽で相次いだ高病原性鳥インフルエンザについて、野鳥では死骸やふんなどから22都道府県で計218件のウイルスを検出し、過去最多の発生状況だったと明らかにした。これまでの最多は、2010~11年の62件だった。環境省は「最多となった背景は分からない」としている。

 一方、直近の発生から一定期間が経過したため、発生場所周辺で重点的に野鳥を監視する区域の指定を解除。今シーズンの流行がほぼ終息したとして、全国の監視体制を通常のレベルに戻した。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2017年05月12日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ