文字 

名古屋の女性看護師が受賞 ナイチンゲール記章

 日本赤十字社は12日、2年に1度、世界各国で顕著な功績があった看護師らに贈られるフローレンス・ナイチンゲール記章を、名古屋第二赤十字病院看護部長の伊藤明子さん(58)=名古屋市=が受賞したと発表した。

 伊藤さんは、紛争地域を含む数々の現場で、さまざまな国や地域から派遣される医師、看護師の医療チームを束ねた。

 豊富な経験を生かし、東日本大震災や熊本地震でも、被災した医療施設を支援するコーディネーターとして活動した。こうした実績を、赤十字国際委員会が評価した。

 今回は世界22カ国の39人が受賞し、受賞者総数は1488人になった。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2017年05月12日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ