文字 

飼い犬からマダニ感染症 世界初確認、徳島の男性

 徳島県は10日、マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」に、県内の40代男性が飼い犬から感染したと発表した。厚生労働省は、犬からの感染確認は世界初としている。

 男性は発熱や下痢、嘔吐、犬には発熱や軟便などの症状が出たが、いずれも回復している。

 6月初旬、犬が体調不良となり動物病院を受診し、同下旬にSFTSと診断された。男性も6月中旬、体調不良となっていた。犬の診断結果を受け、男性の血液を調べた結果、感染していたことが9月下旬に判明した。

 厚労省は「体調が悪い動物との接触や、餌の口移しなどは控えてほしい」と呼び掛けている。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2017年10月10日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ