文字 

キャッスルマン病、難病に 厚労省、来春から助成へ

 厚生労働省の委員会は13日、医療費が助成される指定難病に「特発性多中心性キャッスルマン病」を新たに追加することで合意した。来年4月からの助成を目指す。指定難病は計331疾患となる。

 特発性多中心性キャッスルマン病は、リンパ節が腫れて発熱や貧血、倦怠感を引き起こす。厚労省によると、国内の患者数は推計約1500人。

 難病医療法に基づく指定難病の選定は4回目。今回は61の病気が候補に挙がったが、発病の仕組みが不明など、難病の要件を満たしたのは6疾患だった。このうち5疾患は既存の難病に含まれることになった。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2017年11月13日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ