文字 

3月3日に「もの忘れフォーラム」 倉敷平成病院、受講者募集

 倉敷平成病院認知症疾患医療センターなどは3月3日午後1時15分から、くらしき健康福祉プラザ(倉敷市笹沖)で開く「もの忘れフォーラム」の受講者を募っている。

 若年性認知症がテーマ。内科クリニック院長の片山禎夫氏が「若年性認知症とは?~おかやま若年性認知症支援センターの活動をふまえて~」▽同居する母を介護しているフリーアナウンサー岩佐まり氏が「若年性アルツハイマーの母と生きる」―と題し、それぞれ講演する。

 受講無料。申し込みは往復はがきに、参加人数(1通で2人まで)、氏名、代表者の住所、電話番号、返信先の宛名を記入し、〒710―0826、倉敷市老松町4丁目3の38、倉敷平成病院認知症疾患医療センター「もの忘れフォーラム」係。2月17日消印有効。

 応募多数の場合は抽選し、24日頃から結果を返信する。問い合わせは同センター(086―427―3535)。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2018年02月06日 更新)

タグ: 倉敷平成病院

ページトップへ

ページトップへ