文字 

コンタクト外さず脳死判定 不適切検査か、厚労省が注意喚起

 厚生労働省は2日、臓器提供の意思のある患者の脳死判定で、コンタクトレンズを外さずに不適切な検査をしたとみられる事例があったと発表した。同省のマニュアルでは脳死判定時に「角膜を露出させる」としている。同省はマニュアル順守を徹底するよう全国の提供病院に通知した。

 厚労省によると、専門家が検証し、脳死の判定自体は妥当だったと結論付けた。問題とされるのは、昨年8月に兵庫県の県立病院が40代女性に実施した脳死判定。判定後に眼球を運んだ兵庫県のアイバンクが「ソフトコンタクトが角膜についたままだ」と指摘した。ただ病院側はコンタクト装着を否定したという。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2018年03月02日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ