文字 

おたふくワクチン定期接種を要望 学会など厚労省に

 日本小児科学会や日本感染症学会など17団体は14日、現在は任意接種のおたふくかぜワクチンを国が公費助成し、定期接種とするよう求める要望書を厚生労働省に提出した。

 おたふくかぜにかかると、子どもを中心に千人に1人の割合で難聴になるとの調査結果がある。要望書は「予防接種を行うことでこうした重い合併症を減らすことができる」としている。

 おたふくかぜはムンプスウイルスが原因の感染症で、耳の下の腫れや発熱が起きる。はしかや風疹との混合ワクチンとして一時は定期接種されたが、副作用が問題になり中止された。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2018年05月14日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ