文字 

7月7日に認知症の疑似体験講座

 川崎医療短期大学(倉敷市松島)は7月7日、VR(バーチャルリアリティ)を使った認知症の疑似体験講座を開く。

 認知症ケアの新たな寄り添い方を考えてもらうのが狙い。VR体験後、「認知症介護について」と題した講演もある。

 午前10時~正午、同短大体育館101教室。参加無料。対象は一般と高校生先着50人。申し込みは、同短大公開講座係(086―464―1032)。詳しくはホームページへ。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2018年06月06日 更新)

ページトップへ

ページトップへ