文字 

「健康ファーストの政策」 受動喫煙条例案で小池知事

 東京都議会の定例会の本会議で所信表明する小池百合子知事=12日午後、東京都庁

 東京都議会の定例会が12日、始まった。2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、従業員を雇う飲食店は面積にかかわらず原則屋内禁煙とする罰則付きの受動喫煙防止条例案などが審議される予定で、本会議の冒頭、小池百合子知事が所信表明した。

 小池知事は同条例案について「人に着目した『健康ファースト』の政策」と強調。「20年東京大会のホストシティーとしてふさわしい対策を進め、誰もが快適に過ごすことができる社会を、未来へと受け渡していきたい」と述べた。

 条例案では、加熱式たばこは専用の喫煙室を設けて分煙すれば喫煙でき、飲食も可能とした。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2018年06月12日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ