文字 

9月1日に市民公開講座

 岡山済生会総合病院(岡山市北区国体町)は9月1日午後2~4時、緩和ケア病棟開設20周年記念の市民公開講座を、同病院4階さいゆうホールで開く。 

 淀川キリスト教病院(大阪市)の柏木哲夫理事長が「良き生、良き死」、岡山済生会総合病院緩和ケア科の石原辰彦診療部長が「緩和ケア病棟20年の歩み」と題し講演する。

 参加無料。先着200人。筆記用具を持参する。申し込みは電話(086―252―2211、内線12123~12125)、はがき(〒700-8511、岡山市北区国体町2-25)、ファクス(086―252―5562)、メール(kouza@okayamasaiseikai.or.jp)で同病院市民公開講座係へ。詳しくは同病院のホームページ
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2018年06月25日 更新)

ページトップへ

ページトップへ