文字 

風疹患者1692人に 国立感染研、流行続く

 国立感染症研究所は6日、10月28日までの1週間に新たに170人の風疹患者が報告され、今年の累計患者数が1692人になったと発表した。100人超の増加は8週連続で、流行の勢いは依然、衰えていない。

 都道府県別の増加人数は東京が60人と最多で、神奈川24人、千葉19人と続く。患者は30~50代の男性が中心。女性では20~30代が多い。予防接種をしていないか、接種歴が不明の人がほとんどだった。

 感染源は大半が不明だが、職場、家族、コンサート会場と推定されるとの報告も多かった。

 風疹は、妊婦がかかると赤ちゃんに難聴や心臓病などの障害が起きる恐れがある。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2018年11月06日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ