文字 
  • ホーム
  • 介護
  • 1月12日に在宅医療・介護講座 くらしき健康福祉プラザ

1月12日に在宅医療・介護講座 くらしき健康福祉プラザ

 川崎学園と倉敷市が共催する第8回市民公開講座が1月12日、くらしき健康福祉プラザ(倉敷市笹沖)で開かれる。今回は「みんなで支える在宅医療・介護」をテーマに、川崎医療福祉大学の講師陣が在宅医療・介護のサービスや、関連する社会保障制度について、知っておくべきポイントを解説する。

 講師と講演タイトルは、小川知晶・医療福祉学科助教「知っておきたい介護保険と成年後見制度」▽辻真美・医療介護福祉科准教授「ホームヘルプサービスについて知ろう」▽用稲丈人・リハビリテーション学科講師「在宅介護に向けて知っておきたい福祉用具と住環境整備のポイント」▽森戸雅子・保健看護学科講師「最期まで家で過ごすための準備」。講演終了後に質疑応答の時間を設ける。

 午後2時~4時。参加無料。事前申し込み不要。問い合わせは川崎学園総務課(086―462―1111)。詳しくはウェブサイト
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2018年12月03日 更新)

ページトップへ

ページトップへ