アラーム気付かず患者死亡、岐阜 国立大学の付属病院

 記者会見する岐阜大病院の吉田和弘病院長(中央)ら=11日午後、岐阜市

 岐阜大は11日、付属病院(岐阜市)で昨年10月、入院患者の70代男性に致死性不整脈が発生し、生体情報モニターのアラームが鳴ったのに覚知できず、心肺蘇生が遅れ、死亡する事案があったと発表した。

 病院によると、男性は昨年6月に急性心筋梗塞で入院、冠動脈の手術を受けた。10月上旬に検査のため再入院、さらに手術を受け、一般病室に移動したが、病室で心停止しているのが見つかり、翌日死亡した。心停止確認の24分前にアラームが鳴っていたが、病院側は気付かなかった。

(2019年09月11日 更新)

※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

カテゴリー

PAGE TOP