文字 

国交省地方出先機関で15人感染 福岡、飲酒伴う懇親会参加者も

 国土交通省は3日、地方出先機関の九州地方整備局博多港湾・空港整備事務所(福岡市)で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生し、職員15人が感染したと発表した。うち7人は国交省の感染防止ルールに違反し、飲酒を伴う懇親会に参加していた。重症者はいないという。

 7月29日に60代職員の感染が判明。その後、同じフロアで勤務する職員を対象にPCR検査を実施した結果、別の14人の感染が確認された。

 懇親会は、職員1人の勤続20年を祝う目的で副所長が呼び掛けた。28日夜、福岡市の居酒屋の個室で3時間にわたって行われ、参加した7人全員が感染した。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2021年08月03日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ