文字 

五輪関連の陽性31人、最多更新 累計358人に

 東京五輪・パラリンピックの選手村=7月18日、東京・晴海

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は5日、大会関連で選手1人を含む31人が新たに新型コロナウイルス検査で陽性になったと発表した。1日当たりの新規陽性者数は2日連続で過去最多を更新した。陽性者は7月1日以降で累計358人となった。

 選手はギリシャのアーティスティックスイミングの選手。これで同チームの陽性者は12人中6人となった。組織委はこの事例について「クラスター(感染者集団)」との見解を示している。

 陽性者の内訳は、業務委託スタッフ16人、大会関係者7人、報道3人、組織委職員とボランティアがそれぞれ2人。海外在住者が8人、国内在住者が23人だった。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2021年08月05日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ