文字 

東京都、中等症の入院継続 基準は変えず体制整備で対応

 東京都内の医療提供体制について説明する小池百合子知事=5日午後、都庁

 東京都は5日、新型コロナのモニタリング会議を開き、今後の医療提供体制について、中等症患者を入院とする基準を維持する方針を示した。症状の改善後は医師の判断で早期に退院させ、自宅やホテルでの療養に移行して病床を確保。自宅や宿泊療養が困難な高齢者や障害者らは軽症の場合でも入院対応を継続する。

 重症者以外は原則自宅療養としていた政府方針を受けた議論で、中等症に値する血中酸素濃度96%未満の患者を入院対象とする現行基準は変更せず、都は「緊急時の体制を整備した」と説明。自宅療養者への往診や医療相談を強化するほか、宿泊療養は往診を常時可能とする仕組みを新たに構築する。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2021年08月05日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ