文字 
  • ホーム
  • 女性
  • 「倉敷限定!女性ドック」でコラボバッグ配布 倉敷成人病健診センター

「倉敷限定!女性ドック」でコラボバッグ配布 倉敷成人病健診センター

「KMCオリジナルBRIDGE SETOUCHIブルーシードバッグ」を持つ萩原工業の浅野和志社長(左)と倉敷成人病健診センターの進智子センター長

「KMCオリジナルBRIDGE SETOUCHIブルーシードバッグ」

 倉敷成人病健診センター(倉敷市白楽町)は6月1日から、「倉敷限定!女性ドック」の受診特典としてオリジナルバッグを配布する。
 
 「倉敷限定!女性ドック」は、普段健診を受ける機会が少ない主婦らの健康をサポートしようと2020年から始まった特別プラン。萩原工業と初めて協業し、ブルーシートの再生材料を使った「KMCオリジナルBRIDGE SETOUCHIブルーシードバッグ」を製作した。

 このほか、萩原工業が設立した災害復興プロジェクト「BRIDGE SETOUCHI基金」に受診者1人につき200円を寄付する。2024年3月28日まで実施する。

『倉敷限定!女性ドック』はこちら
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2023年05月31日 更新)

ページトップへ

ページトップへ