文字 

3月10日、「IgG4関連疾患」公開講座 倉敷中央病院付属予防医療プラザ

 原因不明の免疫異常により全身のさまざまな臓器が腫れたり硬くなったりする「IgG4関連疾患」の市民公開講座が3月10日午後2時から、倉敷中央病院付属予防医療プラザ(倉敷市鶴形)で開かれる。

 市立長浜病院(滋賀県長浜市)の梅原久範リウマチセンター長が病気について解説。金沢医科大の川野充弘臨床教授が患者会の発足経緯などを説明する。

 締め切りは29日。IgG4関連疾患学会が主催し、倉敷中央病院と倉敷成人病センターが後援する。問い合わせは同センター広報推進室(086―422―2111)。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2024年02月05日 更新)

ページトップへ

ページトップへ