文字 

独居高齢者6万8千人死亡 自宅で年間、警察庁推計

 年齢層別による自宅で亡くなった独居者数

 1~3月に自宅で死亡した1人暮らしの人が全国で計2万1716人(暫定値)確認され、うち65歳以上の高齢者が1万7034人と8割近くを占めたことが14日、警察庁への取材で分かった。政府は「孤独死・孤立死」の実態把握を進めており、同庁が初めて集計した。年間約6万8千人の高齢者が独居状態で死亡していると推計される。

 警察庁は今後も集計を継続する考えで、政府は孤独・孤立対策の議論に活用する。

 警察庁によると、1~3月の年齢層別で最も多かったのは、85歳以上の4922人。75~79歳が3480人、80~84歳が3348人、70~74歳が3204人、65~69歳が2080人と続いた。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2024年05月14日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ