文字 

介護保険料、平均月額6225円 サービス利用増で最高更新

 国会内で記者団の取材に応じる武見厚労相=14日午前

 厚生労働省は14日、65歳以上の高齢者が2024年度から3年間に支払う介護保険料(月額)が全国平均で6225円になったと発表した。初めて6千円を超えた前期21~23年度より211円(3・5%)上昇し、過去最高を更新した。高齢化の進展で介護サービスの利用が増加しているのが要因。00年度の制度開始当初(2911円)の2・1倍となった。保険料の抑制に向け、サービス利用時の自己負担を支払い能力に応じて増やすなどの改革に踏み込むかどうかが焦点となる。

 65歳以上の介護保険料は今後の介護需要などを考慮。市区町村や広域連合が、それぞれ3年に1度見直す。介護が必要な高齢者は24年度は705万人で、高齢者数がほぼピークとなる40年度に843万人に上ると見込まれる。サービスの増大は避けられず、保険料の上昇傾向が続く見通し。

 厚労省は全1573の市区町村と広域連合の保険料を集計。4割超の712カ所が保険料を引き上げた。585カ所が据え置き、276カ所が引き下げた。据え置きや引き下げでは介護予防の効果が出ているとみられる。
※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

(2024年05月14日 更新)

カテゴリー

ページトップへ

ページトップへ