安心・安全・あたたかな看護を

 川崎医科大学総合医療センター看護部の理念は「看護の対象者と私たち提供者が互いに了解できる看護を実践します」です。ご入院された患者さんご自身やご家族の意向を大事にして、医師やリハビリ・管理栄養士など他のスタッフと相談しながら、治療や検査を進めていき、その過程で適切な看護をしていきます。

 患者さんが住み慣れた地域で療養することができるように、退院に向けての支援を早期からさせていただきます。それは入院前の面談からスタートします。したがって日頃から患者さんの意向を確認しながら退院後の姿を一緒に描いていきたいと考えています。

 「安心・安全・あったかKawasaki nursing 」を合言葉に患者さんの近くであたたかいケアを目指しています。

(2021年04月01日 更新)

※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

医療人情報

  • 看護部長  新 美保恵

関連病院

PAGE TOP