川崎医大附属病院

あいさつ

医療人

病院からのお知らせ

基本情報

住所
倉敷市松島577
電話
086-462-1111
ホームページ
https://h.kawasaki-m.ac.jp/
診療時間
月~土 午前9時~午後0時半
月~金 午後1時半~午後5時
※診療時間は受診の前に必ず病院に確認して下さい。初診と再診で異なる場合があります。
アクセス
電車:JR山陽本線・伯備線にて中庄(なかしょう)駅下車徒歩約10分(岡山駅→「中庄(なかしょう)駅」12分、倉敷駅→「中庄(なかしょう)駅」5分)
車:山陽自動車道 倉敷ICを降りて約10分、瀬戸中央自動車道 早島ICを降りて約10分
診療科目
総合診療科、救急科、臨床腫瘍科、循環器内科、呼吸器内科、心臓血管外科、呼吸器外科、腎臓内科、泌尿器科、血液内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、神経内科、脳卒中科、脳神経外科、心療科、小児科、新生児科、小児外科、産婦人科、乳腺甲状腺外科、皮膚科、リウマチ・膠原病科、整形外科、形成外科・美容外科、リハビリテーション科、食道・胃腸内科、肝・胆・膵内科、消化器外科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科・口腔外科、放射線科(画像診断)、放射線科(治療)、放射線科(核医学診療)、健康診断センター、麻酔・集中治療科
特記事項
日帰り人間ドック、1泊以上人間ドック、お産、セカンドオピニオン、クレジットカード
院内サービス
食堂、喫茶、売店、理美容、インターネット
沿革
昭和48年12月に開設、その後認知症疾患医療センター(旧 認知症専門技術センター)、高度救命救急センター、特定機能病院、エイズ治療拠点病院、災害拠点病院(地域災害医療センター)、地域周産期母子医療センター、地域がん診療連携拠点病院の指定を受けています。また、平成11年からドクターヘリを配備し、平成13年から本格的に運用が開始され、地域に貢献しています。
特長・概要
1.安全で専門的かつ最高水準の医療提携体制:ドクターヘリ、救急科、高度救命救急センターがあり、救急患者を24時間受け入れています。また、がん、心臓病、脳卒中、糖尿病など生活習慣病、小児、高齢者、婦人病、広範囲に専門高度な治療を行う専門医や、病巣を見抜く画像診断医、抗がん剤を投与する腫瘍医、カテーテルで血流障害を回復させる循環器医、脳梗塞などの薬物療法を行う脳卒中医、手術を行う執刀医らがそろっています。
2.チーム医療:温かい病院づくり 医師や看護師、薬剤師など各専門医療スタッフが緊密に連携し、効果的かつ総合的に患者一人ひとりに対応する「チーム医療」を推進しています。
3.快適な環境:病棟・外来は、臓器・機能別センターによる構成となっており、センターごとにテーマカラーを設定しています。病室は、ゆとりある個室を中心とした病室構成となっており、アメニティとプライバシーに配慮した設計になっています。全てのベッドサイドで高速インターネットが楽しめ、機能的な安全で明るい清潔な療養環境を整備しています。憩いの場として、ふるさとの森や、屋上庭園をご利用いただけます。また、福祉ショップや売店、書店、銀行、美容室、理容室、レストラン、コーヒーショップなど、入院中の生活にご不便がかからないよう配慮しています。
4.医療教育・研修:教育病院として、臨床教育と学習の場でもあり、医学生、研修医の訓練、レジデントとして専門医になるための修練を行います。他方、看護師などコ・メディカルの学生の実習の場として、年間約1,600名の学生が実習を受けています。また、県内外や海外からの研修や、救急救命士の研修の場ともなっており、延べ約500名の研修生の受入れを行っています。
目指す病院像
特定機能病院として、地域の病院・診療所とますますの連携を深めつつ、高度で良質な医療を提供する責務を果たし、信頼され支持されるよう患者本位の医療の提供を行います。
認定・評価
財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価(一般病院)の認定

PAGE TOP