国立病院機構岡山医療センター

あいさつ

基本情報

住所
岡山市北区田益1711-1
電話
086-294-9911
ホームページ
http://okayamamc.jp/index.php
診療時間
月~金 受付時間 午前8時半~11時
※診療時間は受診の前に必ず病院に確認してください。初診と再診で異なる場合があります。
※午後は予約診療のため新患、予約外再来は受付できません。ただし、急患はこのかぎりではありません。
※セカンドオピニオン外来は完全予約制
アクセス
車:岡山方面からお越しの場合は国道53号線で、山陽自動車道の高架をくぐってすぐ左側の側道へ入ってください。津山方面からお越しの場合は国道53号線で、「国立病院」の看板が見えたら左側の側道へ入ってください。岡山空港方面からお越しの場合は、国立病院の看板が見えたら左側の側道へ入り、国道53号線の高架下の信号を右折してください。
バス:中鉄バスを利用。天満屋バスセンター~岡山駅~笹ヶ瀬~国立病院線に乗り、「国立病院」下車。きびプラザ(吉備高原都市)~岡山医療センター(国立病院)線に乗り、「岡山医療センター(国立病院)」下車。
診療科目
内科(総合診療)、内科(腎)、内科(血液)、内科(糖尿病・代謝)、内科(化学療法・消化器)、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、精神科、小児科、新生児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産科婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科、歯科、放射線科、リハビリテーション科、救急科、病理診断科、緩和ケア内科、感染症内科
特記事項
セカンドオピニオン、クレジットカード、お産
院内サービス
食堂、ベーカリーショップ、売店、美容室、理容室、キャッシュコーナー、図書室、AED(自動体外式除細動器)、インターネット設備、コーヒーショップ、郵便ポスト
沿革
当院は、昭和20年に陸軍病院を前身として、国立岡山病院として岡山市下伊福の地に発足しました。その後、昭和23年に附属模範高等看護学院を設置し、昭和36年に南方に移転しました。平成13年に当地田益に移転後、国立病院岡山医療センターと名称変更され、更に平成16年に独立行政法人に移行して、独立行政法人国立病院機構岡山医療センターと名称変更しております。
特長・概要
現在当院は、急性期高度医療を診療の軸として、臨床研究、教育・人材育成にも注力しております。地域医療支援病院、総合周産期母子医療センター、地域がん診療連携拠点病院、地域災害拠点病院として、また国立病院機構としての政策医療(がん、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病、救急医療、災害時医療、周産期医療、小児医療 )、移植医療(腎移植、骨髄移植)、運動器医療、難病医療 など総合的で高度な急性期医療を提供しています。また、岡山市からの委託を受けて岡山市立金川病院を地域包括ケア病院として運営しています。
目指す病院像
当院の理念は、「今、あなたに、信頼される病院」―病める人への献身、医の倫理に基づく医療への精進と貢献―です。自分の家族を安心して託せる施設を目指したいと思います。私個人としては、「明るく、楽しく、厳しく」をモットーに、病院の運営、マネージメントを中心に責務を果たしてまいります。
認定・評価
日本医療機能評価機構認定施設、地域医療支援病院、地域がん診療連携拠点病院、総合周産期母子医療センター、地域災害拠点病院、臨床研修指定病院、外国医師臨床修練指定病院、エイズ治療拠点病院、特定疾患治療研究事業指定医療機関、小児慢性特定疾患治療研究事業指定医療機関、指定養育医療機関、DPC対象病院(DPC特定病院群)
関連施設
岡山市立金川病院
岡山医療センター付属岡山看護助産学校

PAGE TOP