文字 
  • ホーム
  • 川崎医科大学総合医療センター 総合健診センター

施設情報

川崎医科大学総合医療センター 総合健診センター

センター長あいさつ

効果のある健診を目指す

センター長 鎌田智有

1989年、山口大卒。専門は、消化器がん検診、予防医学、消化器内視鏡・経鼻内視鏡診療、ヘリコバクター・ピロリ感染症。

 当センターでは、地域に根ざした住民検診、各職域検診、入院・外来ドック、個人の健康診断、職員検診、糖尿病教室、母親学級、育児相談、予防接種等の予防医学の充実、自宅に居ながら出来る郵送による胃がん・大腸がん検診は従来通り実施しています。

 また、2011年度より実施しているオーダーメイド・ドック(ご相談に合わせ、必要に応じた種々の検査を組み合わせる)は、さらにシステムを充実させ、より効果のある健診を目指します。

 現在、川崎学園では国公立、私学などの職域では初の試みとなる『午後からの胃がん検診』、職員検診時に採血でわかる『胃がんリスク評価(血清ピロリ菌検査、ペプシノゲン検査)』を導入し、ひとりひとりに合った胃がん検診方法を選択(内視鏡またはレントゲン)し、それを実践しています。これらのデータを構築し、地域の方々に貢献できるよう努めております。

《胃がんリスク評価とは?》
採血にて血清ペプシノゲン値と血清ヘリコバクター・ピロリ抗体価を測り、その結果により胃がん高危険群と低危険群がわかります。ご自分の胃の状態がわかれば、ご自分に合った胃がん対策(内視鏡またはレントゲン)が可能です。また内視鏡検査し、胃の萎縮が激しい方やピロリ菌陽性者は除菌治療をお勧めします。

《胃がんの背景》
日本では一年間に5万人が亡くなる胃がんの医療費は年間3千億円と推定され、何もしないと2020年には5千億円を超える可能性があります。また胃がんの原因は日本では95%以上がピロリ菌感染というデータが2011年に発表されました。2013年2月、厚生労働省は除菌の有用性を認め、ピロリ菌除菌療法の保険適応を拡げ、30歳未満の若年者のヘリコバクター・ピロリ菌感染者(20%前後)は早期に除菌治療を行うことで、ほぼ100%胃がんの予防が可能と報告されています。

基本情報

住所

岡山市北区中山下二丁目6番1号

予約先

086-225-2111

アクセス

JR岡山駅よりタクシーで約10分、 バスは天満屋経由に乗り「天満屋バスセンター」で下車し徒歩5分、路面電車の場合は清輝橋行きで「田町(川崎医大総合医療センター前)」電停で下車し徒歩2分。車は地下駐車場(280台分)を利用。

予約受付時間

月~金 午後1時半~5時
土 午前8時半~午後0時半

料金

■一日ドック 37,800円(税込) 女性は婦人科検診料2,700円が追加されます。

※内科(診察・問診)※計測(身長・体重・BMI・腹囲・聴力・視力)呼吸器検査(胸部X線=正面・肺機能)循環器検査(血圧・安静時心電図)※消化器検査(胃部X線または胃内視鏡検査・便潜血反応)※肝機能検査(血清蛋白・A/G比・LAP・ALP・γ-GTP・黄疸指数・総ビリルビン・TTT・ZTT・アルブミン・グロブリン・コリンエステラーゼ・AST・ALT、尿ウロビリノーゲン)※腎機能検査(尿素窒素・尿酸・クレアチニン・尿蛋白・尿潜血・尿沈渣)※貧血検査(赤血球数・白血球数・血小板数・血液像・ヘモグロビン・ヘマトクリット)※脂質検査(総コレステロール・中性脂肪・HDL-コレステロール・LDL-コレステロール)※膵機能検査(アミラーゼ)糖尿病検査(尿糖・空腹時血糖・ヘモグロビンA1c)※超音波検査(肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・脾臓・膀胱・前立腺=男性・子宮、卵巣=女性)その他検査(梅毒反応・HBs抗原・抗体)※眼底検査(眼圧・眼底写真)※婦人科(内診・婦人科細胞診)※総合診断(検査結果説明・保健指導=生活指導)

実施日:月~金曜日

■二日ドック 69,120円(税込) 女性は婦人科検診料2,700円が追加されます。

一日ドックの※印の内容に以下の内容が追加されます。
血液型(ABO式・Rh式)呼吸器検査(胸部X線=側面・肺機能=時限肺活量)循環器検査(脈拍・負荷心電図)糖尿病検査(尿糖・空腹時血糖・ヘモグロビンA1c・耐糖能負荷試験=5回法)その他検査(CRP・RA・ASO・赤血球沈降速度)栄養指導(食生活調査により指導)

実施日:火~水曜日、木~金曜日

【オプション検査項目】(税込)

・腫瘍マーカー
CEA・AFP・CA19-9・PSA(5,400円)

CEA・AFP・CA19-9・CA-125(5,400円)

上記3項目(4,320円)上記1項目(2,160円)

・PET-CT
PET/CTコース

総合がん検診コース(1泊2日)

・肺ヘリカルCT

・大腸CT

・大腸内視鏡(17,280円)※別日程になります

・脳ドック ※内容・料金については要問い合わせ

・乳腺マンモグラフィ 二方向(4,320円)

・乳腺超音波(4,320円)

・血液検査による胃の健康度チェック(4,320円)
ピロリ抗体検査とペプシノゲン検査を行います

・便中ピロリ菌検査(2,570円)

・内臓脂肪測定(3,888円)

・骨粗しょう症
大腿骨または腰椎(2,700円)

大腿骨と腰椎(4,860円)

【食事】

1日ドックの場合は院内食堂で、2日ドックはお泊りいただいたお部屋での提供となります。

【支払方法】
現金またはクレジットカード

【割引制度】
脳ドックと1日ドック、2日ドックを同時実施の際には、合計料金から10,000円引きです。1月~3月に脳ドック受診の際は、すべてのコースから2,000円引きです。

特長・概要

当センタ―は受診者のニーズに合わせたオーダーメイド・ドックを行っております。

認定・評価

国土交通省指定 航空身体検査指定機関、日本人間ドック学会 優良人間ドック施設、日本人間ドック学会 人間ドック専門医研修施設、日本消化器がん検診学会 認定指導施設、エイズ拠点病院 、がん診療連携推進病院

関連ニュース

ページトップへ

ページトップへ